スピーキング教材の選び方

英語スピーキング教材の選び方

英会話教材は多くありますが、どれでも一緒というわけではありません。

基本的なフレーズを覚えることを目的とした教材もあれば、リスニング練習に強い教材もあります。

さらに、発音矯正、ライティングなど、ご自身の目的に応じて選択すべき教材は変わってきます。

目的が異なる教材を手にしても、身に付けたいスキルは絶対に見付きません。

そこで、今回は「スピーキング教材」にスポットライトを当てて、教材選びをしてみましょう。

まず、スピーキング教材と言っても、その種類は様々です。

目指すべきレベルと目的によって変化する教材選び

初級者(TOEIC:300点~500点 英検3級レベルの方)

このレベルに該当する方は、基本的な文法力に欠けているケースが多いでしょう。

だからと言って、英文法の学習から入る必要はありません。英文法はスピーキングの勉強をしながら、必要なものだけ抑えていけばよいのです。

この状態から文法を勉強するなど、おそらく苦痛しか感じないでしょう。

だから、文法の勉強は後回しでも構わないのです。

ですので、「日常会話でよく使うフレーズや単語を収録している」教材を勉強したほうが効果的です。

先に「言うべきフレーズ」を覚えた方が、後々に文法の勉強をした時に「なるほど。だからこのフレーズはこのような構成になっているのか!」と納得感があるため、その後の文法の勉強もスムーズに進むことになります。

中級者(TOEIC:500点~700点 英検2級レベルの方)

このレベルの方は、ある程度の会話は出来るけど、いまいち自信が持てないというケースが多いようです。

要は、もう一つ殻を破りたいという方々ですね。

このケースの場合、基本的な日常会話には問題がなく、基本的な単語力・英会話のフレーズは結構知っているという事が多いです。

しかし、その知識がスムーズに引き出せずに、伸び悩んでいるのです。

ですから、この場合は、即答力を上げるような教材が適切です。

具体的には、より「リスニング+ロールプレイング」に密着した教材が良いと思われます。

そもそも、日本人が英語を話している時の「黙り込み」は、「相手が言っている事を上手く理解していない」という状況が引き起こすことが多いからです。

また、「英語の文章を作るに必要な文法の習得」に特化した教材もあります。あるいは、シチュエーションごとにロールプレイングが行われており、それを聞きながら会話の流れを練習する教材もあります。