反射的に使えるフレーズをストックしよう

英作文が上達してもスピーキングは上手くならない

「スピーキングは英作文の能力がカギ」といわれることがあります。

この言葉の真意は、「頭の中で英文を構成する能力は英作文によって磨かれるから、英作文を勉強すれば、自然とスピーキングも上手になる」というところだと思います。

しかし、実際にはこんな簡単にはいきません。

実際、英作文は出来るけど、スピーキングは全くできないという大学受験生はゴマンといます。

英作文はじっくり考えることができますが、スピーキングは違います。

相手の話したことに対して瞬時に反応しなければなりません。

そもそも、英作文とスピーキングは前提条件が違うのです。

だから、英作文の能力が上達しても、そのままスピーキングに役立つというわけにはいきません。

流暢な英会話はフレーズのストック量にかかっている

実は、英語に限らず、日常会話のパターンはある程度決まっています。

たとえば「How are you?」と聞かれた時も、いちいち真剣に自分の体調を考えて答えを言っているのではありません。

「Great.」などのフレーズを、習慣的に返しているのです。

このような決まりきったフレーズの数々を自分の中にストックしていけば、頭の中で特に考えなくても、反射的にコミュニケーションができるようになります。

我々日本人は意識していないことですが、実は日本語でもまったく同じことをしています。

たとえば、長らくあっていなかった知り合いに対して、「お久しぶりですね」と声をかけたとします。

「よう、久しぶり」というこのフレーズ、知り合いなら誰に対しても使っているのではないでしょうか?

しかし、このようなフレーズが「自然と口から出る」ようになるには「練習」が必要です。

また、「どんなフレーズがあるのか?」の「知識」を身につけなければいけません。

そのような部分をサポートするのがスピーキング教材となるわけです。

そして、このような教材は単なるフレーズ集というわけではなく、フレーズを通して総合的な英語力を身に付けられるように構成されているため、効果が高いのです。

スピーキング上達のために、このような教材を使うのをオススメするのは、こういう理由からなのです。