日本語の話し方を変えると英語にも好影響

日本語は、「起承転結」を意識しながら話すのが良いと言われています。

要は、結論が最後に来るのが日本語なのですが、これは大事な部分を後ろに持ってくる特性(膠着語)から来るものです。

しかし、英語では「結論を最初に持ってくる」ように指導されます。

これは「Conclusion comes first」という原則なのですが、どちらが分かりやすいかといえば、とりわけビジネスの世界では、日本語・英語両方とも、結論を先に持ってくる方が好まれるようです。

いっそ、「日本語を話す時にも結論を先に話すようにしよう」と考える方もいるかもしれません。

これは全く間違っていません。

むしろ正解です。

日本語で考えるときも、まずは結論を先に口から出すというパターンを習慣づけてみてください。

そうしないと、英語で話す時に、すぐに切り替えができず、なかなか口から言葉が出てきません。

そのようなことを避けるために、普段から日本語でも結論優先で話してみると、自分の話すことがかなり変わってくることを実感できます。

Simple is best.と良く言われますが、まさに自分の話すことが完結かつ論理的になり、相手に伝わりやすくなります。